歯並びの悪さに悩み、矯正に踏み切れない方に知っていただきたい、歯列矯正の今をご紹介!長期間矯正器具を口の中に入れることに抵抗のあった方。子供の将来を考えて矯正を考えている方。必見!
「歯並びの悪さ」について、こんなことで悩んでいませんか?
ご予約・ご相談などお問い合わせはこちら
フォーム
お問い合わせ
歯列矯正について 歯列矯正サイト 浦和吉見歯科について 浦和吉見歯科ウェブサイト
そもそも歯並びの悪さは身体の欠陥ではありません

「歯並びの悪さ」は必ずしも、直さなければいけないものではありません。
つまり、「歯並びの悪さ」は病気ではありませんので、必ずしも直さなければいけないものではないのです。

日本では従来より最初から矯正することを目的とする矯正専門を謳う歯科クリニックが、「うまく噛めないと消化に影響する」など健康に害する事を強調して、歯の矯正を促してきましたが、「歯並びが直ることと病気が治ることは異なります」。
日本では、歯列矯正は保険診療の対象にならないため、こういったことを強調してきたに過ぎません。

一方、アメリカにおいて歯列矯正に積極的なのには理由があります。
アメリカでは生活の中で「素敵なスマイル」が非常に重要であり、そのスマイルがその人の自信につながると強調されてきました。また、アメリカの文化はスマイルからコミュニケーションが始まります。
その背景には、多人種、多言語のアメリカにおいて、スマイルは相手に、「私は危険な人物ではありません」と安心感を与える手段であることが挙げられます。
アメリカでは、コミュニケーションを円滑にするために不可欠なスマイルを手に入れるための手段として、歯列矯正が捉えられています。

「歯並びの悪さ」は病気ではありませんが、それによりコンプレックスを抱え、自分らしく生きることを少しでも妨げているとお考えであれば、その改善の手段として歯列矯正の実施は有効と言えます。

自分らしく生きる

「歯並びの悪さ」は必ずしも、直さなければいけないものではありません。
つまり、「歯並びの悪さ」は病気ではありませんので、必ずしも直さなければいけないものではないのです。

日本では従来より最初から矯正することを目的とする矯正専門を謳う歯科クリニックが、「うまく噛めないと消化に影響する」など健康に害する事を強調して、歯の矯正を促してきましたが、「歯並びが直ることと病気が治ることは異なります」。
日本では、歯列矯正は保険診療の対象にならないため、こういったことを強調してきたに過ぎません。

一方、アメリカにおいて歯列矯正に積極的なのには理由があります。
アメリカでは生活の中で「素敵なスマイル」が非常に重要であり、そのスマイルがその人の自信につながると強調されてきました。また、アメリカの文化はスマイルからコミュニケーションが始まります。
その背景には、多人種、多言語のアメリカにおいて、スマイルは相手に、「私は危険な人物ではありません」と安心感を与える手段であることが挙げられます。

アメリカでは、コミュニケーションを円滑にするために不可欠なスマイルを手に入れるための手段として、歯列矯正が捉えられています。

「歯並びの悪さ」は病気ではありませんが、それによりコンプレックスを抱え、自分らしく生きることを少しでも妨げているとお考えであれば、その改善の手段として歯列矯正の実施は有効と言えます。

自分らしく生きる
自分らしく、より良く生きる手段として「歯並びの悪さを直す」3つのポイント
「ひとりで悩まない」自分の歯並びの悪さにコンプレックスを感じるのであれば、まずは相談できる歯科医師を探す。

歯並びの悪さを気にして、自然に笑えない、人前で少し引いてしまうなどと言ったことがあれば、自分らしく自然に生きていく上でツライことです。

こういったコンプレックスを解消するための手段として、歯列矯正は一つの手段です。
一人で悩むのではなく、矯正をすることありきの歯科医師ではなく、まずは相談だけでも気持ちよく受け入れてくる歯科医師を探し、相談してはいかがでしょうか。

歯並びの悪さを気にして、自然に笑えない、人前で少し引いてしまうなどと言ったことがあれば、自分らしく自然に生きていく上でツライことです。こういったコンプレックスを解消するための手段として、歯列矯正は一つの手段です。
一人で悩むのではなく、矯正をすることありきの歯科医師ではなく、まずは相談だけでも気持ちよく受け入れてくる歯科医師を探し、相談してはいかがでしょうか。

「歯科医師に相談」歯科医師に、歯並びの悪さを矯正したいかについての理由を説明し、矯正をするべきかどうかを相談する。

大前提として、実際に歯列矯正を行うにあたっては、様々なリスクがあり、時には身体に害を及ぼすことがあることをあらかじめ知っておく必要があります。

まずは、「最初から矯正することを目的とする、矯正専門を謳う歯科クリニック」ではなく、自身の要望を聞いた上で、身体への影響を考慮し矯正をすべきかどうか判断できる歯科医師に相談することが重要です。

大前提として、実際に歯列矯正を行うにあたっては、様々なリスクがあり、時には身体に害を及ぼすことがあることをあらかじめ知っておく必要があります。
まずは、「最初から矯正することを目的とする、矯正専門を謳う歯科クリニック」ではなく、自身の要望を聞いた上で、身体への影響を考慮し矯正をすべきかどうか判断できる歯科医師に相談することが重要です。

「改善策を実施」自分の悩みに寄り添ってくれる歯科医師と相談した改善策を実施し、自分らしい生活を送る。

歯列矯正には、様々な手法があり、自身の要望と口の中の状況によって選ぶべき矯正方法が変わってきます。

「短期間で歯並びの悪さが目立つ部分だけを直したい」や、「歯を抜かずに直したい」など個人のニーズをできうる限り考慮し、「歯列矯正を行わない」という選択も含めて、相談した結果自分らしい生活を送ることが期待できる改善策を実施してはいかがでしょうか。

歯列矯正には、様々な手法があり、自身の要望と口の中の状況によって選ぶべき矯正方法が変わってきます。
「短期間で歯並びの悪さが目立つ部分だけを直したい」や、「歯を抜かずに直したい」など個人のニーズをできうる限り考慮し、「歯列矯正を行わない」という選択も含めて、相談した結果自分らしい生活を送ることが期待できる改善策を実施してはいかがでしょうか。

ご予約・ご相談などお問い合わせはこちら
フォーム
お問い合わせ
歯列矯正について 歯列矯正サイト 浦和吉見歯科について 浦和吉見歯科ウェブサイト
矯正情報サイトへ 浦和吉見歯科ウェブサイト
歯科医師に相談に行く前に知っておきたい、歯並びの悪さと矯正「今と昔」
抜歯ありきの歯列矯正は昔の話

日本で歯列矯正と言えば昔から抜歯矯正が前提となっており、現在もそのほとんどが抜歯矯正と言われています。

しかし、歯列矯正の先進国であるアメリカでは抜歯しない方法が主流になっています。「アジア人と白人は違う!」と主張する最初から矯正することを目的とする、矯正専門を謳う歯科クリニックもあるようですが、近年行われている米国式の歯列矯正方法では、抜歯が必要な症例はほとんどありません。抜歯が必要な場合は確かにありますが、全体の5%未満(※)です。全体の95%以上(※)は抜歯を行わずに矯正が可能なのです。

歯の矯正をしたい旨相談した歯科医師から、「抜歯して矯正しましょう」と抜歯ありきの提案をされたと感じられた場合には、「一度検討します」のひと言を言って頂き、別の歯科医院を探すことをお勧めします。

※医療法人隆聖会吉見歯科グループ
 平成17~19年の実績に基づく数値

日本で歯列矯正と言えば昔から抜歯矯正が前提となっており、現在もそのほとんどが抜歯矯正と言われています。

しかし、歯列矯正の先進国であるアメリカでは抜歯しない方法が主流になっています。「アジア人と白人は違う!」と主張する最初から矯正することを目的とする、矯正専門を謳う歯科クリニックもあるようですが、近年行われている米国式の歯列矯正方法では、抜歯が必要な症例はほとんどありません。抜歯が必要な場合は確かにありますが、全体の5%未満(※)です。全体の95%以上(※)は抜歯を行わずに矯正が可能なのです。

歯の矯正をしたい旨相談した歯科医師から、「抜歯して矯正しましょう」と抜歯ありきの提案をされたと感じられた場合には、「一度検討します」のひと言を言って頂き、別の歯科医院を探すことをお勧めします。

※医療法人隆聖会吉見歯科グループ
 平成17~19年の実績に基づく数値

予防歯科を取り入れた「抜歯をなるべくしない」「従来よりも痛みの少ない」「従来よりも期間の短い」新しい歯列矯正

近年行われている歯列矯正は、医学的な問題点をできうる限り抑えて、健康を損なわないようにすることを重要視します。
矯正処置は、一般的に2~3年以上かかるといわれていますが、近年行われている手法を用いることで、ほぼ半分、長くても1年半程度で終了することが可能です。お子様の矯正では6ヶ月程度で終了するケースも珍しくありません。

「速い分、リスクもあるのではないか」と思われる方もいらっしゃいますが、速いことでリスクを回避できるのです。
歯列矯正は、その処置期間が長いほど体に害がある=リスクがあります。
つまり、毎日歯を磨いていても、虫歯や歯周病にかかります。
ましてや、バイ菌が付着しやすい矯正装置を口の中に入れていれば、虫歯や歯周病にかかる危険性は高まります。
矯正装置を長期間装着することは、それらのリスクを増大させるのです。

また、顎関節症(TMD)やストレス、歯根吸収、歯髄変性、アレルギーといったものも矯正由来で起こる病気です。
短期間で矯正を終えるということは、虫歯や歯周病はもとより、顎関節症(TMD)やストレスなどの病気の防止にもつながり、医学的に見て大変意義のあることなのです。

近年行われている歯列矯正は、医学的な問題点をできうる限り抑えて、健康を損なわないようにすることを重要視します。
矯正処置は、一般的に2~3年以上かかるといわれていますが、近年行われている手法を用いることで、ほぼ半分、長くても1年半程度で終了することが可能です。お子様の矯正では6ヶ月程度で終了するケースも珍しくありません。

「速い分、リスクもあるのではないか」と思われる方もいらっしゃいますが、速いことでリスクを回避できるのです。
歯列矯正は、その処置期間が長いほど体に害がある=リスクがあります。
つまり、毎日歯を磨いていても、虫歯や歯周病にかかります。
ましてや、バイ菌が付着しやすい矯正装置を口の中に入れていれば、虫歯や歯周病にかかる危険性は高まります。
矯正装置を長期間装着することは、それらのリスクを増大させるのです。

また、顎関節症(TMD)やストレス、歯根吸収、歯髄変性、アレルギーといったものも矯正由来で起こる病気です。
短期間で矯正を終えるということは、虫歯や歯周病はもとより、顎関節症(TMD)やストレスなどの病気の防止にもつながり、医学的に見て大変意義のあることなのです。

健康な歯

また、矯正とはそもそも、「歯を動かす」ことです。

歯を動かすには強すぎず弱すぎずの最適な力、「至適矯正力」というものがあります。

弱い力では歯は動かないというわけではありません。日常的な歯ぎしりなどでも、歯は簡単に動きます。
必要最小限度の力で歯を動かすことこそ、痛みがなく早く動かすことになるのです。
必要以上の力を歯に加える矯正は当然、「痛み」ます。「痛み」は体が悲鳴を上げている状態です。
歯や歯周組織が悲鳴を上げて助けを求めているサインなのです。
ひとそれぞれ歯の形や、歯茎の抵抗力は違い、「至適矯正力」も異なります。
見えない部分はレントゲンやCTを利用し、一つ一つの歯に加わる力の大きさや向きを考えて歯を動かすことが可能です。
痛みを感じない程度の弱い力でも、歯は充分動きます。

しかし、こういった歯列矯正は、顎関節症(TMD)治療や口腔顔面痛(OFP)治療に長く携わってきた歯科医師でないと行うことができません。そのため、新しい医療技術への研鑽を怠らず、痛みのない矯正を研究し続けている歯科医院を選ぶことから、自身に適した矯正は始まっていると言えます。

また、矯正とはそもそも、「歯を動かす」ことです。

歯を動かすには強すぎず弱すぎずの最適な力、「至適矯正力」というものがあります。
弱い力では歯は動かないというわけではありません。日常的な歯ぎしりなどでも、歯は簡単に動きます。
必要最小限度の力で歯を動かすことこそ、痛みがなく早く動かすことになるのです。
必要以上の力を歯に加える矯正は当然、「痛み」ます。「痛み」は体が悲鳴を上げている状態です。
歯や歯周組織が悲鳴を上げて助けを求めているサインなのです。
ひとそれぞれ歯の形や、歯茎の抵抗力は違い、「至適矯正力」も異なります。
見えない部分はレントゲンやCTを利用し、一つ一つの歯に加わる力の大きさや向きを考えて歯を動かすことが可能です。
痛みを感じない程度の弱い力でも、歯は充分動きます。

しかし、こういった歯列矯正は、顎関節症(TMD)治療や口腔顔面痛(OFP)治療に長く携わってきた歯科医師でないと行うことができません。そのため、新しい医療技術への研鑽を怠らず、痛みのない矯正を研究し続けている歯科医院を選ぶことから、自身に適した矯正は始まっていると言えます。

ご予約・ご相談などお問い合わせはこちら
フォーム
お問い合わせ
歯列矯正について 歯列矯正サイト 浦和吉見歯科について 浦和吉見歯科ウェブサイト
矯正情報サイトへ 浦和吉見歯科ウェブサイト
「歯並びの悪さ」を直す際の歯科医院の選び方3つのポイント
気軽に相談にのってもらえる歯科医師のいるクリニック

また、矯正とはそもそも、「歯を動かす」ことです。
歯を動かすには強すぎず弱すぎずの最適な力、「至適矯正力」というものがあります。

弱い力では歯は動かないというわけではありません。日常的な歯ぎしりなどでも、歯は簡単に動きます。
必要最小限度の力で歯を動かすことこそ、痛みがなく早く動かすことになるのです。
必要以上の力を歯に加える矯正は当然、「痛み」ます。「痛み」は体が悲鳴を上げている状態です。
歯や歯周組織が悲鳴を上げて助けを求めているサインなのです。
ひとそれぞれ歯の形や、歯茎の抵抗力は違い、「至適矯正力」も異なります。
見えない部分はレントゲンやCTを利用し、一つ一つの歯に加わる力の大きさや向きを考えて歯を動かすことが可能です。
痛みを感じない程度の弱い力でも、歯は充分動きます。

しかし、こういった歯列矯正は、顎関節症(TMD)治療や口腔顔面痛(OFP)治療に長く携わってきた歯科医師でないと行うことができません。そのため、新しい医療技術への研鑽を怠らず、痛みのない矯正を研究し続けている歯科医院を選ぶことから、自身に適した矯正は始まっていると言えます。

基礎的なことではありますが、穏やかで人当たりが良く身体だけでなく、歯並びの悪さに悩んできた患者の気持ちのケアにも心を砕くというスタンスの歯科医師がいるクリニックで相談することで、自身の要望に合う、自身に適した手法により、求める結果を得ることができるのではないでしょうか。
クリニックの方針や医院長のブログを読むなどして、クリニックのスタンスを見極めることがお勧めです。

インフォームドコンセントに重点を置き、わかりやすい説明をする歯科クリニック

説明をまったくしない歯科医師などいませんが、医療に素人である患者にも、

わかりやすい説明を心掛け、気持ちの面もケアしながら説明してもらえる歯科クリニックを選ぶことがお勧めです。特に、医院長のスタンスが、クリニック全体のスタンス・雰囲気にも表れます。医院を訪れる際の予約の電話対応などでも、判断することができますので、参考にしてください。

説明をまったくしない歯科医師などいませんが、医療に素人である患者にも、わかりやすい説明を心掛け、気持ちの面もケアしながら説明してもらえる歯科クリニックを選ぶことがお勧めです。
特に、医院長のスタンスが、クリニック全体のスタンス・雰囲気にも表れます。医院を訪れる際の予約の電話対応などでも、判断することができますので、参考にしてください。

最新の医療技術を追究し、患者に対し最善を尽くすことに情熱を持っている歯科クリニック

患者さんに貢献すべく、新しい医療情報やテクノロジーへの情報収集を怠らず、

患者の状態に適した技術・機器を使用し、患者さんの負担を軽減することに情熱を燃やし、日々取り組む姿勢を持っている歯科クリニックを選ぶことで、自身に適した治療を受けることが可能となります。

患者さんに貢献すべく、新しい医療情報やテクノロジーへの情報収集を怠らず、患者の状態に適した技術・機器を使用し、患者さんの負担を軽減することに情熱を燃やし、日々取り組む姿勢を持っている歯科クリニックを選ぶことで、自身に適した治療を受けることが可能となります。

歯科クリニック選びは自己責任となりますので、これのポイントを踏まえて慎重に選ぶことをお勧めします。

よくあるご質問、Q&A

矯正の時期や年齢について

  • 50歳なんですが、ある医院で、「矯正は40歳まで」と断られてしまいました。50歳だと矯正はムリなんでしょうか?
    Open or Close

    答はノーです。矯正治療に年齢は関係ありません。
    健康であればいくつになっても矯正処置は受けられます。もちろん50歳を過ぎてもはじめられます。
    子供の矯正に比べて大人の矯正は難しいため「矯正は40歳まで」と思われている方もいらっしゃいますが、個人差はありますが、ほとんどの場合に50歳を過ぎても矯正を行うことは可能です。
    当院でも、「50歳を過ぎてもきれいな口元を取り戻したい」というご要望から来院され、矯正処置を希望される方が多くいらっしゃいます。
    「いまさらこの年で・・」などと恥ずかしがらずに、【「歯並びの悪さ」を直す際の歯科医院の選び方3つのポイント】を参考にしていただき、別の歯科医師に一度ご相談されることをお勧めします。

  • 子供の矯正を考えています。いつ始めればいいでしょうか?
    Open or Close

    矯正の開始時期はケースによってさまざまですが、気になりだした時点でのご相談をお勧めします。
    お子様の場合、一般的には小学校高学年から中学生くらい、第2大臼歯が生える頃から矯正を始めても遅くはありません。
    しかし、永久歯がはえ始める5~6歳くらいから短期的に行ったほうがよい種類の矯正があります。

    お子様の心と体の健全な成長を妨げないように歯列矯正は行うべきです。
    小児歯科や歯科口腔外科も含めた医学的な知見・技術を動員し、それぞれのお子様の歯・口腔の状態を丁寧に診察し、
    もっとも適切な矯正スタート時期を提案する歯科クリニックを選んで頂くことをお勧めします。

    顎の骨の成長を無視して、いたずらに早く矯正を行っても、成長後にかみ合わせが悪くなるなど、
    さまざまなリスクが増大します。「矯正のスタートは早いほど良い」は誤りです。
    「歯並びが悪いと、歯の病気になるから急がないと!」と思われる方もいらっしゃいますが、これも大きな誤解です。
    日本では一部の歯科医院が病気の治療や予防などをうたって矯正を勧めていますが、実は科学的な根拠は何もありません。病気の治療や予防と歯並びを直すことは、全く別の次元のものです。
    「歯並びが悪い=歯の病気の原因」という強迫観念をまず払拭してください。

  • 矯正の痛みや期間について

  • 矯正するのに歯は抜かなくてはだめですか?
    Open or Close

    答は、ノーです。
    今でも日本では抜歯をする矯正が一般的ですが、お口の健康を考えると、歯は安易に抜いていいものではないのです。
    近年米国で主流となっているやり方を取り入れた歯列矯正では、抜歯の必要はほとんどありません。
    「抜歯して矯正しましょう」と歯科医師に言われたら際には、「一度検討します」のひと言を言って頂き、別の歯科クリニックを探すことをお勧めします。

  • 矯正を経験した友達が、「とても痛い」と言っていました。しかたがないのでしょうか?
    Open or Close

    答は、ノーです。昔から矯正は痛いものとされています。苦痛を強いる矯正が一般的なのかもしれません。
    しかし、近年米国で主流となっているやり方を取り入れた歯列矯正では、痛みがほとんどありません。
    「痛いのが当たり前」ではなく、「痛くないように矯正する」が、真の歯科医療を実践できる歯科医師の行う矯正の「当たり前」です。
    歯科クリニックを探される際に、「痛くないように矯正する」ことに重きを置き、情報を発信している歯科クリニックを探されることをお勧めします。

  • 矯正には長い時間がかかることも多いと聞きました。しかたがないのでしょうか?
    Open or Close

    答は、ノーです。近年米国で主流となっているやり方を取り入れた歯列矯正では、通常の半分以下の期間で終わるスピード矯正が可能です。
    矯正装置をつけている期間はケースや年齢により異なります。
    あくまで平均的な話ですが、全体に行うケースで小中学生なら6~8ヶ月、成人は半年~1年半ぐらいです。
    部分的な矯正は1ヶ月から3ヶ月がほとんどです。
    相談者のご要望に応じて手法を選択できる歯科クリニックを探されることをお勧めします。

  • 「マウスピース矯正」という手法があるそうですが、どのような矯正方法ですか?
    Open or Close

    マウスピース矯正とは、矯正装置として自分で着脱できるマウスピースを使用する新しい矯正の方法です。
    舌側矯正同様に誰にも知られず矯正ができるという利点があります。
    治療期間や適応など個人差がありますので、まずは新しい歯列矯正の方法に熟知した歯科クリニックにご相談ください。

  • 費用について

  • 毎月の調整料が5千円から1万円かかるのが普通と聞きますが?
    Open or Close

    歯科クリニックによって調整料は変わってきます。
    矯正の開始から終わりまでのトータルの費用を設定する総額制を採用している歯科クリニックであれば、月々や装置ごとに追加でかかる費用は一切ありません。
    相談者の事も考える真摯な歯科クリニックであれば、事前に見積書をお渡しするケースもあります。
    納得のいく費用で良質な歯列矯正が受けられることが望ましいですので、歯科クリニックを選ぶ際には、こういった点についても考慮に入れられることをお勧めします。

  • 費用の分割払いは可能ですか?
    Open or Close

    相談者の負担を極力少なくすることを考えている歯科クリニックであれば、カード払いやクレジットなども取り扱っていますので、分割払いが可能です。
    支払方法についての説明はもちろん、治療開始前に治療に使用する装置や治療期間について患者様にご説明し、治療開始前にトータルの費用の見積書を作成することは、歯科クリニックであっても当たり前に対応すべきものだと思います。事前にこういった費用や治療方針などについて、きちんと明示した上でしっかりした対応してくれるかどうかなどは、歯科クリニックを選ぶ際に考慮に入れられることをお勧めします。

ご予約・ご相談などお問い合わせはこちら
フォーム
お問い合わせ
歯列矯正について 歯列矯正サイト 浦和吉見歯科について 浦和吉見歯科ウェブサイト
矯正情報サイトへ 浦和吉見歯科ウェブサイト
安全な「歯の矯正」をするために、知っておいていただきたいこと。

歯の矯正を希望される方の中には、健康になりたいとか痛みを改善したいといった医学的なことを希望している方もいます。
歯の矯正をすることで、自分が抱える医学的な問題【病気】が改善するのではないかと考えているのでしょう。
しかし、歯の矯正と病気を治すこととはまったく次元が違います。
実は歯の矯正をすることで、病気になることもあるのです。
矯正で病気になる?と驚かれるかもしれません。
でも歯の矯正はたくさんの問題を生み出す行為なのです。

  • 1. 歯周病が始まったり悪化する
  • 2. 虫歯ができる
  • 3. あごが痛むようになる口が開けにくくなる
  • 4. 金属アレルギーになる
  • 5. 歯の根が短くなる
  • 6. 痛みや違和感を感じる
安全な矯正を知ってほしい

などなど実際に矯正を行うにあたっては、様々なリスクがあり、時には身体に害を及ぼすことがあることをあらかじめ知っておく必要があります。

ですから、歯科医師に健康を損なわないように矯正をしてもらう必要があるのです。しかし、多くの最初から矯正することを目的とする、矯正専門を謳う歯科医師は、歯周病の治療や虫歯の治療を行う能力がありません。
根の治療や抜歯をすることもありません。もちろん、粘膜疾患や顎関節症(TMD)ましてや口腔顔面痛など治療能力はおろか知識すらありません。
ですから矯正で起こりうる問題を防ぐことなどできません。
それが矯正の一番の問題だと私たちは考えています。

歯並びが直ることと病気が治ることは違います。
『咬み合わせ治療』と称して行われる矯正がありますが、そこに科学的根拠は何もありません。歯並びを直しても、咬み合わせが良くなるわけではありません。
歯並びと咬み合わせは全く別のことです。
あなたの歯は今が自然です。
歯並びが悪いことは病気ではありません。将来病気になることとも関係ありません。
それなのに、歯の矯正を始めたら病気になったとしたらどうでしょう。
歯の矯正は、あなたの口に装置や器具を入れて歯を動かし、自然だった状態を不自然な状態にするものです。
不自然なことを行うのですから、体に害を及ぼす危険性が常にあるのです。

歯の矯正は、鼻を高くするとか、瞼を二重にするとか、美容整形と同じ範疇のものです。歯の矯正は結果として歯を以前よりも悪い状態にしてしまうことがあります。
矯正のリスクを考えた時、“矯正はやるべきでない”という考えは正しいと言えるでしょう。
しかし、咬めない、食べにくいなど機能的な問題や、歯並びが悪いというコンプレックスで、自分に自信が持てない、笑顔をためらってしまい周りから暗いなどと言われてしまうなど、深刻な悩みをお持ちの方も大勢いらっしゃいます。
だからそこ安全な矯正を多くの歯科医師が行えるように、病気の治療や予防について学び研修する場所が必要だと思うのです。
当院はそのような考えから、外部の歯科医師にも門戸を開き、院内の勉強会への参加も歓迎しています。
矯正をやる上で大切なことは、矯正に対してのリスクを知ったうえで歯科医師を選ぶことだと思います。

などなど実際に矯正を行うにあたっては、様々なリスクがあり、時には身体に害を及ぼすことがあることをあらかじめ知っておく必要があります。
ですから、歯科医師に健康を損なわないように矯正をしてもらう必要があるのです。しかし、多くの最初から矯正することを目的とする、矯正専門を謳う歯科医師は、歯周病の治療や虫歯の治療を行う能力がありません。

根の治療や抜歯をすることもありません。もちろん、粘膜疾患や顎関節症(TMD)ましてや口腔顔面痛など治療能力はおろか知識すらありません。
ですから矯正で起こりうる問題を防ぐことなどできません。
それが矯正の一番の問題だと私たちは考えています。

歯並びが直ることと病気が治ることは違います。
『咬み合わせ治療』と称して行われる矯正がありますが、そこに科学的根拠は何もありません。歯並びを直しても、咬み合わせが良くなるわけではありません。
歯並びと咬み合わせは全く別のことです。
あなたの歯は今が自然です。
歯並びが悪いことは病気ではありません。将来病気になることとも関係ありません。
それなのに、歯の矯正を始めたら病気になったとしたらどうでしょう。
歯の矯正は、あなたの口に装置や器具を入れて歯を動かし、自然だった状態を不自然な状態にするものです。
不自然なことを行うのですから、体に害を及ぼす危険性が常にあるのです。

歯の矯正は、鼻を高くするとか、瞼を二重にするとか、美容整形と同じ範疇のものです。歯の矯正は結果として歯を以前よりも悪い状態にしてしまうことがあります。
矯正のリスクを考えた時、“矯正はやるべきでない”という考えは正しいと言えるでしょう。
しかし、咬めない、食べにくいなど機能的な問題や、歯並びが悪いというコンプレックスで、自分に自信が持てない、笑顔をためらってしまい周りから暗いなどと言われてしまうなど、深刻な悩みをお持ちの方も大勢いらっしゃいます。
だからそこ安全な矯正を多くの歯科医師が行えるように、病気の治療や予防について学び研修する場所が必要だと思うのです。
当院はそのような考えから、外部の歯科医師にも門戸を開き、院内の勉強会への参加も歓迎しています。
矯正をやる上で大切なことは、矯正に対してのリスクを知ったうえで歯科医師を選ぶことだと思います。

医療法人隆聖会理事長 吉見歯科口腔外科クリニック 総院長 吉見 洋志

北海道大学 客員臨床教授
セブ医科大学 客員講師
インディアナ大学 客員講師

  • 【略歴】
  • 平成 6年 国立徳島大学歯学部歯学科卒
  • 平成 6年 歯科単科の専門病院入局
  • 平成13年 広域医療法人 院長
  • 平成17年 吉見歯科・口腔外科クリニック設立
  • 平成24年 浦和吉見歯科クリニック設立
  • 平成26年 吉見歯科春日部診療所設立
  • 平成27年 元赤坂吉見歯科/顎関節症・口腔顔面痛センター設立

  • 【資格等】
  • 日本臨床歯周病学会認定医
  • 歯科エックス線優良医
  • ドライマウス研究会認定医
  • 厚生労働省歯科医師臨床研 修指導医

  • 【所属学会】
  • 日本臨床歯周病学会正会員
  • 米国歯周病学会会員
  • 日本歯周病学会正会員
  • 日本口腔外科学会正会員
  • 日本口腔顔面痛学会正会員
  • 日本顎関節学会正会員
  • 日本歯科放射線学会正会員
  • 日本頭痛学会正会員
  • アジア頭蓋下顎機能障害学会正会員

  • 【最近の論文著書等】
  • 2005年 歯界展望105巻1号 「歯根膜に起因する痛み」
  • 2008年 ラタイチャーク 歯周病学 (共同翻訳)

北海道大学 客員臨床教授
セブ医科大学 客員講師
インディアナ大学 客員講師

平成 6年 国立徳島大学歯学部歯学科卒
平成 6年 歯科単科の専門病院入局
平成13年 広域医療法人 院長
平成17年 吉見歯科・口腔外科クリニック設立
平成24年 浦和吉見歯科クリニック設立
平成26年 吉見歯科春日部診療所設立
平成27年 元赤坂吉見歯科/顎関節症・口腔顔面痛センター設立
日本臨床歯周病学会認定医
歯科エックス線優良医
ドライマウス研究会認定医
厚生労働省歯科医師臨床研 修指導医
日本臨床歯周病学会正会員
米国歯周病学会会員
日本歯周病学会正会員
日本口腔外科学会正会員
日本口腔顔面痛学会正会員
日本顎関節学会正会員
日本歯科放射線学会正会員
日本頭痛学会正会員
アジア頭蓋下顎機能障害学会正会員
2005年 歯界展望105巻1号 「歯根膜に起因する痛み」
2008年 ラタイチャーク 歯周病学 (共同翻訳)

医療法人隆聖会吉見歯科グループ

総院長 吉見洋志から

医療法人隆聖会吉見歯科グループ 総院長 吉見洋志から、歯列矯正を考えの皆さんへ
思春期を迎えるお子さんをお持ちのお母さまへ
大学、短大、専門学校へ進学する直前、もしくは入学したての1年生の皆さんへ
新卒で入社した直後の新社会人、もしくは社会人1年生の皆さんへ
社内異動や転勤などをお考えの社会人の皆さんへ
半年以内に結婚式を迎える女性の皆さんへ
長年歯並びの悪さについてコンプレックスを抱えていらっしゃるお母さまへ
思春期を迎えるお子さんをお持ちのお母さまへ
思春期を迎えるお子さんをお持ちのお母さまへ

小学生から高校生くらいまでのお子さんをお持ちのお母さまであれば、スクスクと成長して、友達と楽しく遊んだり、部活や勉強に打ち込んでいるお子さんの姿が誇らしいのではないでしょうか。
健康で明るく元気いっぱいのお子さんでも、お子さんの将来を考えると、歯並びの悪さだけが気になっているということかもしれません。

思春期になると、異性の目も気になりはじめ、自分の外見に対するコンプレックスも持ちやすい時期になります。

間違ってもいじめの対象になどなってほしくないというのが親心かもしれません。
歯並びの悪さを矯正するのは、タイミングが重要です。

お子さんの心と体の健全な成長を妨げないように歯列矯正は行うべきだと当院では、考えています。
当院では、小児歯科や歯科口腔外科も含めた医学的な知見・技術を動員し、それぞれのお子さんの歯・口腔の状態を丁寧に診察し、適切な矯正スタート時期を提案しています。
顎の骨の成長を無視して、いたずらに早く矯正を行っても、成長後にかみ合わせが悪くなるなど、さまざまなリスクが増大します。

まずは、顎口腔(がくこうくう)に深い知見を持つ歯科医療機関にご相談ください。

小学生から高校生くらいまでのお子さんをお持ちのお母さまであれば、スクスクと成長して、友達と楽しく遊んだり、部活や勉強に打ち込んでいるお子さんの姿が誇らしいのではないでしょうか。

健康で明るく元気いっぱいのお子さんでも、お子さんの将来を考えると、歯並びの悪さだけが気になっているということかもしれません。

思春期になると、異性の目も気になりはじめ、自分の外見に対するコンプレックスも持ちやすい時期になります。

間違ってもいじめの対象になどなってほしくないというのが親心かもしれません。

歯並びの悪さを矯正するのは、タイミングが重要です。

お子さんの心と体の健全な成長を妨げないように歯列矯正は行うべきだと当院では、考えています。
当院では、小児歯科や歯科口腔外科も含めた医学的な知見・技術を動員し、それぞれのお子さんの歯・口腔の状態を丁寧に診察し、適切な矯正スタート時期を提案しています。
顎の骨の成長を無視して、いたずらに早く矯正を行っても、成長後にかみ合わせが悪くなるなど、さまざまなリスクが増大します。

まずは、顎口腔(がくこうくう)に深い知見を持つ歯科医療機関にご相談ください。

ご予約・ご相談などお問い合わせはこちら
フォーム
お問い合わせ
歯列矯正について 歯列矯正サイト 浦和吉見歯科について 浦和吉見歯科ウェブサイト
電話で問合せする
問合せフォームはこちら
矯正情報サイトへ 浦和吉見歯科ウェブサイト
大学、短大、専門学校へ進学する直前、もしくは入学したての1年生の皆さんへ
大学、短大、専門学校へ進学する直前、もしくは入学したての1年生の皆さんへ

中学・高校時代は部活に明け暮れ、高3になって受験勉強に打ち込み、無事志望する大学に入学。現在は、サークルにバイトにと忙しくしており、充実されている方も多いと思います。

日々の生活に特段不具合は感じていないものの、昔から歯並びの悪さを気にして、口を開けて思いっきり笑うことに抵抗があるのを直したいけれど、友人が長期間矯正をしていたのを見て、抵抗があり、なかなか踏み切れないまま現在に至ってしまったというのであれば、現在の新しい矯正手法が解決できる可能性が高いと思われます。

ひとりで悶々と悩まれて月日が経ってしまうことは、精神
的にも健全ではありませんし、時間的にも非常にもったいないと言えます。

学校や部活で忙しいのであれば、スマートフォンやPCなどを介した遠隔での診察も昨今では可能になっていますので、この機会に一度歯列矯正について相談されるのも一つのてではないでしょうか。

実際に、矯正をするしないに関わらず、前に進めることが健全であるように思います。
まずは、顎口腔(がくこうくう)に深い知見を持つ歯科医療機関にご相談ください。

中学・高校時代は部活に明け暮れ、高3になって受験勉強に打ち込み、無事志望する大学に入学。現在は、サークルにバイトにと忙しくしており、充実されている方も多いと思います。

日々の生活に特段不具合は感じていないものの、昔から歯並びの悪さを気にして、口を開けて思いっきり笑うことに抵抗があるのを直したいけれど、友人が長期間矯正をしていたのを見て、抵抗があり、なかなか踏み切れないまま現在に至ってしまったというのであれば、現在の新しい矯正手法が解決できる可能性が高いと思われます。

ひとりで悶々と悩まれて月日が経ってしまうことは、精神

的にも健全ではありませんし、時間的にも非常にもったいないと言えます。

学校や部活で忙しいのであれば、スマートフォンやPCなどを介した遠隔での診察も昨今では可能になっていますので、この機会に一度歯列矯正について相談されるのも一つのてではないでしょうか。

実際に、矯正をするしないに関わらず、前に進めることが健全であるように思います。 まずは、顎口腔(がくこうくう)に深い知見を持つ歯科医療機関にご相談ください。

ご予約・ご相談などお問い合わせはこちら
フォーム
お問い合わせ
歯列矯正について 歯列矯正サイト 浦和吉見歯科について 浦和吉見歯科ウェブサイト
電話で問合せする
問合せフォームはこちら
矯正情報サイトへ 浦和吉見歯科ウェブサイト
新卒で入社した直後の新社会人、もしくは社会人1年生の皆さんへ
新卒で入社した直後の新社会人、もしくは社会人1年生の皆さんへ

学生時代とは違い、気を引き締めて新たなスタートを切ることに思いを馳せ、期待と不安の両方で一杯なのが、新社会人の皆さんだと思います。

小学校から数えて大学卒業までであれば、少なくとも16年の学生生活が終わり、社会人としての人生が始まります。会社員であれば、60歳まで約40年間働き続ける訳ですが、最初のスタートは綺麗に切りたいものだと誰もが考えるのではないでしょうか。

新社会人はもちろん、仕事をするようになると、学生の時以上に第1印象が重要です。
さらに言えば、相手との意思疎通を行う上で、笑顔は重要 になってきます。その笑顔の印象を大きく左右するのが、笑い方となりますが、一般的に、歯を見せて笑う人は非常に明るく元気でポジティブな印象を相手に与えます。

もし、これまでの学生時代の経験で、歯並びの悪さが原因で自分の思惑とは異なる結果、例えば、「告白して振られてしまったことがある」などがあるのであれば、新社会人として、スタートを切ることをきっかけに、歯並びの悪さを矯正することを考えるのもひとつかもしれません。

学生以上に多忙な社会人のニーズにもあった歯列矯正の手法もありますので、まずは、顎口腔(がくこうくう)に深い知見を持つ歯科医療機関にご相談ください。

学生時代とは違い、気を引き締めて新たなスタートを切ることに思いを馳せ、期待と不安の両方で一杯なのが、新社会人の皆さんだと思います。

小学校から数えて大学卒業までであれば、少なくとも16年の学生生活が終わり、社会人としての人生が始まります。会社員であれば、60歳まで約40年間働き続ける訳ですが、最初のスタートは綺麗に切りたいものだと誰もが考えるのではないでしょうか。

新社会人はもちろん、仕事をするようになると、学生の時以上に第1印象が重要です。
さらに言えば、相手との意思疎通を行う上で、笑顔は重要

になってきます。その笑顔の印象を大きく左右するのが、笑い方となりますが、一般的に、歯を見せて笑う人は非常に明るく元気でポジティブな印象を相手に与えます。

もし、これまでの学生時代の経験で、歯並びの悪さが原因で自分の思惑とは異なる結果、例えば、「告白して振られてしまったことがある」などがあるのであれば、新社会人として、スタートを切ることをきっかけに、歯並びの悪さを矯正することを考えるのもひとつかもしれません。

学生以上に多忙な社会人のニーズにもあった歯列矯正の手法もありますので、まずは、顎口腔(がくこうくう)に深い知見を持つ歯科医療機関にご相談ください。

ご予約・ご相談などお問い合わせはこちら
フォーム
お問い合わせ
歯列矯正について 歯列矯正サイト 浦和吉見歯科について 浦和吉見歯科ウェブサイト
電話で問合せする
問合せフォームはこちら
矯正情報サイトへ 浦和吉見歯科ウェブサイト
社内異動や転勤などをお考えの社会人の皆さんへ
社内異動や転勤などをお考えの社会人の皆さんへ

社内の異動や転職などで、近い将来新しい環境に身を置くことが決定している方であれば、
これまで長年気にしてきた歯並びの悪さを治療するきっかけとして非常に良いかもしれません。

これまでは、ご自身のキャラクターや、周囲の方にも恵まれあまり違和感がなかった
かもしれませんが、自分自身の中で歯並びの悪さを改善したいと感じている部分が少しでもあるようであれば、新天地にはその感情を持ち込まず、解決してしまうのも、
新しい環境で何の気兼ねなく思いっきり活躍することを後押しする、ひとつの方法であるように思います。

実際、あって欲しいことではありませんが、歯並びの悪さで印象が多少変わり、それが原因で、積み上げてきた実績に関わらず、社内の関係性がぎくしゃくしてしまい、不利益になってしまうというケースもゼロではありません。

短期間でこれまでの悩みから解放されることができるのであれば、新しい環境に身を置くことが決まったこのタイミングに、歯列矯正の実施を検討されるのに良い機会であるように思います。
これから自身への投資として考えるのもひとつの考え方であるように思います。

多忙な社会人のニーズにもあった歯列矯正の手法もありますので、まずは、顎口腔(がくこうくう)に深い知見を持つ歯科医療機関にご相談ください。

社内の異動や転職などで、近い将来新しい環境に身を置くことが決定している方であれば、
これまで長年気にしてきた歯並びの悪さを治療するきっかけとして非常に良いかもしれません。

これまでは、ご自身のキャラクターや、周囲の方にも恵まれあまり違和感がなかった
かもしれませんが、自分自身の中で歯並びの悪さを改善したいと感じている部分が少しでもあるようであれば、新天地にはその感情を持ち込まず、解決してしまうのも、
新しい環境で何の気兼ねなく思いっきり活躍することを後押しする、ひとつの方法であるように思います。

実際、あって欲しいことではありませんが、歯並びの悪

さで印象が多少変わり、それが原因で、積み上げてきた実績に関わらず、社内の関係性がぎくしゃくしてしまい、不利益になってしまうというケースもゼロではありません。

短期間でこれまでの悩みから解放されることができるのであれば、新しい環境に身を置くことが決まったこのタイミングに、歯列矯正の実施を検討されるのに良い機会であるように思います。 これから自身への投資として考えるのもひとつの考え方であるように思います。

多忙な社会人のニーズにもあった歯列矯正の手法もありますので、まずは、顎口腔(がくこうくう)に深い知見を持つ歯科医療機関にご相談ください。

ご予約・ご相談などお問い合わせはこちら
フォーム
お問い合わせ
歯列矯正について 歯列矯正サイト 浦和吉見歯科について 浦和吉見歯科ウェブサイト
電話で問合せする
問合せフォームはこちら
矯正情報サイトへ 浦和吉見歯科ウェブサイト
半年以内に結婚式を迎える女性の皆さんへ
半年以内に結婚式を迎える女性の皆さんへ

5年以上長く付き合ってきた前の彼とは縁がなかったけれど、1年前に運命的に出会った今の彼とは結婚を前提にお付き合いしていて、1年以内には結婚する予定という方であれば、結婚式は楽しみで仕方ありませんよね。

男女に関わらず、結婚式は一生に一度の大事なライフイベントです。当日を綺麗な姿で迎えるためにも、ブライダルエステやダイエット、ドレス選びなどは重要ですが、コンプレックスでもあった歯並びの悪さを矯正して、口を大きくあけて笑えるようになるというのも、良いのではないでしょうか。

結婚式当日はもちろんですが、その後の人生をより良くするということについての投資として考えるのも一つですし、結婚式費用の一部として考えるのも一つであると思います。
出費はもちろんかかりますが、コンプレックスの解消の良いきっかけと考えられるのであれば、結婚式はいい機会であるように思います。

結婚式に間に合うように、2~3ヶ月でできる矯正の手法など、ご自身のニーズにもあった歯列矯正の手法をみつけるためにも、
まずは、顎口腔(がくこうくう)に深い知見を持つ歯科医療機関にご相談ください。

5年以上長く付き合ってきた前の彼とは縁がなかったけれど、1年前に運命的に出会った今の彼とは結婚を前提にお付き合いしていて、1年以内には結婚する予定という方であれば、結婚式は楽しみで仕方ありませんよね。

男女に関わらず、結婚式は一生に一度の大事なライフイベントです。当日を綺麗な姿で迎えるためにも、ブライダルエステやダイエット、ドレス選びなどは重要ですが、コンプレックスでもあった歯並びの悪さを矯正して、口を大きくあけて笑えるようになるというのも、良いのではないでしょうか。

結婚式当日はもちろんですが、その後の人生をより良くす

るということについての投資として考えるのも一つですし、結婚式費用の一部として考えるのも一つであると思います。
出費はもちろんかかりますが、コンプレックスの解消の良いきっかけと考えられるのであれば、結婚式はいい機会であるように思います。

結婚式に間に合うように、2~3ヶ月でできる矯正の手法など、ご自身のニーズにもあった歯列矯正の手法をみつけるためにも、
まずは、顎口腔(がくこうくう)に深い知見を持つ歯科医療機関にご相談ください。

ご予約・ご相談などお問い合わせはこちら
フォーム
お問い合わせ
歯列矯正について 歯列矯正サイト 浦和吉見歯科について 浦和吉見歯科ウェブサイト
電話で問合せする
問合せフォームはこちら
矯正情報サイトへ 浦和吉見歯科ウェブサイト
長年歯並びの悪さについてコンプレックスを抱えていらっしゃるお母さまへ
長年歯並びの悪さについてコンプレックスを抱えていらっしゃるお母さまへ

お子さんが年頃になり、自分の思春期と同じ思いをさせたくないということで、お子さんの歯並びの悪さを早い段階で矯正してあげたいというお母さまからのご相談が当院でも多くあります。

お子さんの将来を思う、お母さまであればお子さんのために行動されるのは当然だと思いますが、お母さまご自身についても、それは同様ではないでしょうか。

お母さまの人生もお子様同様にストレスの少ない、自分らしく生きられるものにするためにも、お子様の歯科矯正をお考えのこの機会に、一緒にご検討をされるのも、良いのではないかと思います。

今さらとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、これまで同様の想いを抱えていらっしゃったお母さまの歯列矯正を手掛けさせていただいて来た経験から、30年以上抱えてきたコンプレックスから解放されるのは、想像以上に幸せなことであるように思います。

多忙な社会人のニーズにもあった歯列矯正の手法もありますので、まずは、顎口腔(がくこうくう)に深い知見を持つ歯科医療機関にご相談ください。

お子さんが年頃になり、自分の思春期と同じ思いをさせたくないということで、お子さんの歯並びの悪さを早い段階で矯正してあげたいというお母さまからのご相談が当院でも多くあります。

お子さんの将来を思う、お母さまであればお子さんのために行動されるのは当然だと思いますが、お母さまご自身についても、それは同様ではないでしょうか。

お母さまの人生もお子様同様にストレスの少ない、自分らしく生きられるものにするためにも、お子様の歯科矯正をお考えのこの機会に、一緒にご検討をされるのも、良いの

ではないかと思います。

今さらとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、これまで同様の想いを抱えていらっしゃったお母さまの歯列矯正を手掛けさせていただいて来た経験から、30年以上抱えてきたコンプレックスから解放されるのは、想像以上に幸せなことであるように思います。

多忙な社会人のニーズにもあった歯列矯正の手法もありますので、まずは、顎口腔(がくこうくう)に深い知見を持つ歯科医療機関にご相談ください。

ご予約・ご相談などお問い合わせはこちら
フォーム
お問い合わせ
歯列矯正について 歯列矯正サイト 浦和吉見歯科について 浦和吉見歯科ウェブサイト
電話で問合せする
問合せフォームはこちら
矯正情報サイトへ 浦和吉見歯科ウェブサイト
口腔科医にしかできない矯正があります。

切なる悩みや願いを抱えているあなたへ。

この度は最後までご覧いただきありがとうございます。医療法人隆聖会吉見歯科グループ 総院長の吉見です。

今回、「歯並びの悪さに悩み、矯正に踏み切れない方に知って頂きたい『歯列矯正』の今をご紹介!」
と題した、このページを用意した理由は、日々患者さんと接する中で、「正しい情報をお持ちでないがために、患者様自身に適した歯列矯正を受けられない」方が多いのではないかと感じたことがきっかけです。実際に、非常に多くの方が、当院に来るまでは、
「矯正は痛くてもしかたない」「時間がかかるのもしかたない」と感じておられるようです。
しかし、当院に来て説明を受けたことで、誤解だったことに気づかれますが、より多くの方に知って頂きたいとの思いから、情報を発信したいと考えました。このページでお伝えした内容が、ご自身の要望にあった歯列矯正をするための一助になれば幸いです。

切なる悩みや願いを抱えているあなたへ。

この度は最後までご覧いただきありがとうございます。医療法人隆聖会吉見歯科グループ 総院長の吉見です。

今回、「歯並びの悪さに悩み、矯正に踏み切れない方に知って頂きたい『歯列矯正』の今をご紹介!」
と題した、このページを用意した理由は、日々患者さんと接する中で、「正しい情報をお持ちでないがために、患者様自身に適した歯列矯正を受けられない」方が多いのではないかと感じたことがきっかけです。

実際に、非常に多くの方が、当院に来るまでは、
「矯正は痛くてもしかたない」「時間がかかるのもしかたない」と感じておられるようです。
しかし、当院に来て説明を受けたことで、誤解だったことに気づかれますが、より多くの方に知って頂きたいとの思いから、情報を発信したいと考えました。このページでお伝えした内容が、ご自身の要望にあった歯列矯正をするための一助になれば幸いです。

ご予約・ご相談などお問い合わせはこちら
フォーム
お問い合わせ
歯列矯正について 歯列矯正サイト 浦和吉見歯科について 浦和吉見歯科ウェブサイト
矯正情報サイトへ 浦和吉見歯科ウェブサイト
^